千葉とはどういうところか

千葉とは千葉県のことを言い、関東地方南東側、東京都と接しその東方に位置します。千葉県は1873年に成立し県庁は千葉市にあります。平野と丘陵地で成り立っていて海抜500メートル以上の山地は見られません。
千葉県の人口は約624万人、人口密度は平方キロ当たり1210人の地域で大部分は房総半島に居住しています。
成田国際空港や東京湾アクアライン、あるいは東京国際空港によって観光資源も豊富で内外の観光客にとってアクセスし易いエリアとなっています。
気候は半島に位置する為全域は太平洋気候に属し内陸部は内陸性気候となっています。
人口は1970年以降は2010年まで増加が続いて来ています。
産業としては東京、神奈川県が近いこともあって近郊農業が盛んに行われています。水産業ではエビの漁獲量が多年にわたって全国1位となっていたり、製造業では江戸時代から醤油やみりんなどの醸造業が盛んに行われています。
又、埋立地を中心とした京葉工業地域では重化学工業が盛んに行われています。